診療案内

原田矯正歯科の診療内容について

不正咬合の原因については、大まかに以下の3つでございます。

遺伝的原因

下顎前突や上顎前突の一部。顎と歯のアンバランス(叢生・空隙歯列)が原因となる。

先天的原因

歯が足りない(欠如歯)、または多い(過剰歯)。
歯が普通より小さい(矮小歯)、大きい(巨大歯)。
歯が隣の歯とくっついている(癒合歯・癒着歯)。

後天的原因

乳歯が早くなるなる又はいつまでもある(乳歯の早期喪失・晩期残存)。
永久歯が早くなるなる(永久歯の早期喪失)。
弄唇癖(唇を咬んだり、吸ったりする)や弄舌癖(舌を咬んだり、吸ったりする)、弄指癖(指しゃぶり)、ほおづえ、うつ伏せ寝等不良習癖(クセ)が原因となる。

不正咬合の予防は家庭で始められます。治療と共に、ご自身またはお子さんの為に一緒に頑張りましょう。

家庭でできる、不正咬合の予防は


  • ・クセをなくす。
  • ・乳歯、永久歯に虫歯を作らない



ことです。が、しかしこれがなかなか難しいんです。



様々な原因から「上顎前突・開咬」や「交叉交合」の発症の原因となる場合もございます。



「いつか」ではなく「今、なるべく早い」治療が望まれます。
是非一度ご相談下さいませ。

ページの先頭に戻る