不正咬合の予防

原田矯正歯科の診療内容について

患者さんの中には「悪くなってから歯医者にいけばいい。痛くなってから行こう。今は忙しいから暇になってから…」と考えている人も多いと思います。

痛くなったり、腫れたりしてから治療する場合、初期の虫歯、初期の歯槽膿漏(歯肉炎・歯周炎)と比較して、時間が長くかかったり費用が多くかかったりします。


しかし、一度治療が終わればそれで一生大丈夫、もう終わりというわけにはいきません。車にも、定期検診があり、車検があるように、歯にも、定期検診が必要なのです。



また、日頃から自分の健康維持に心がけて「手入れ」をする、予防も立派な治療の一つです。

診療について

歯の治療と一口でいっても、歯を抜いたりする【口腔外科】、入れ歯を作ったり金属を被せたりする【補綴】、白いのを(レジン)つめたり歯の根の治療をする【保存】、歯槽膿漏(歯肉炎・歯周炎)の治療をする【歯周】、歯を動かす【矯正】など、色々あります。



歯並びの問題を別にして、前歯をきれいにしたいという患者さんは少なくありません。また、白い歯に患者さんの関心は注がれますが、歯の美しさは、歯肉の健康から生まれるのです。



歯並びの不正、噛み合わせの不正には様々な悪影響があります。



わたし達は患者様に合わせた治療を心がけております。歯の事でお悩みの際は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

予防について

期検診に出すように、また洗車しワックスをかけてあげるように、ゴルフのクラブを磨くように、歯も毎日のお手入れと、定期検診が必要です。




日頃から自分の健康維持を心がけて「手入れ」をする、注意したり、気にかけたりする、予防も立派な治療の一つです。



歯磨きの方法から、磨きにくい部位への攻略法。不正咬合の原因と家庭でできる不正咬合の予防等。治療と同時にいつまでも健康な歯でいられる様、予防歯科の取り組みもさせて頂きます。
ページの先頭に戻る